広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > お知らせ・行事> 資料展示> 平成28年度資料展示> 住み慣れた地域でずっと暮らしたい! 

資料展示「住み慣れた地域でずっと暮らしたい!」

資料展示「住み慣れた地域でずっと暮らしたい!~広島発・地域包括ケアシステム~」 広島県地域包括ケア・高齢者支援課連携

ポス

 今から9年後の平成37(2025)年には,我が国の人口の3割以上が65歳以上の高齢者となり,医療や介護を必要とする人がますます増えることが見込まれています。一方,15歳から64歳までの生産年齢人口は,今後も減少の一途をたどり,地域で高齢者をいかに支えていくかということが,我が国,そして広島県においても大きな課題となっています。
 こういった「超高齢社会」の様々な課題に対応するため,広島県や県内の各市町は,住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう,医療,介護,予防,住まい,生活支援などのサービスを切れ目なく提供する「地域包括ケアシステム」の構築に取り組んでいます。
 高齢期になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる広島県にするためには,県民の皆様とともに,行政,医療・介護事業者,関係団体等が一体となった地域づくりを進めていくことが重要です。
 広島県地域包括ケア・高齢者支援課,広島県立図書館では,県民の皆様に広島県の課題や取組を知っていただくとともに,私たちにできることについて一緒に考える機会としていただくため,参考となる図書や資料の展示・貸出し,冊子やチラシの配布を行います。

 1 展示期間 平成28年7月19日(火)~9月4日(日) 
 2 開館時間 土・日 午前9時30分~午後5時 火~金 午前9時30分~午後7時  
 3 休館日   毎週月曜日,8月11日(木)山の日
 4 展示場所 広島県立図書館
 

   プラチナ世代フェイスブック


 [展示の様子]

 高齢者支援 高齢者支援836