広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 子供・青少年> 子供のページ> 図書館たんけん> 本のせなかのラベルのいみは? 

本のせなかのラベルのいみは?



 本のせなかのラベルは本の住所
 図書館の本は,本をさがしやすいように,本の内容によって分類し,同じような内容の本が近くに並ぶようにしてあります。この本の分類に使われているのが,日本十進分類法(NDC)というきまりです。
  日本のほとんどの図書館(みんなの学校図書館も)が,このきまりを使って分類しています。

 
 ラベルのひみつ

 本のせなかにはってあるラベルには,上から分類記号・図書記号・巻数が書かれています。
 この3つをあわせて,請求記号といいます。

☆分類記号
  日本十進分類法(NDC)というきまりによる記号
  本の内容を数字であらわしています。

☆図書記号
  本を書いた人の名前や出版年を組み合わせた記号

☆巻数
 全集などの巻数

☆請求記号
  上の3つをあわせたもので,その本がどこにあるかをあらわしています。本の住所のようなものです。

 本の並び方のひみつ

 図書館の本は,ラベルに書かれた請求記号順に並んでいます。
  本の並び方は,左から右へ,上から下へと並んでいます。


 県立図書館の子どもの本のラベル
 ☆ものがたりの絵本

  ラベルの中に書かれたカタカナは作者(文を書いた人)の姓のはじめの一字です。
 ・・・日本のものがたり(赤色のラベルです)
            例:『ぐりとぐら』なかがわりえこ/さく,おおむらゆりこ/え
 ・・・外国のものがたり(黄色のラベルです)
           例:『かいじゅうたちのいるところ』モーリス・センダック/さく,じんぐうてるお/やく          
 
 ☆ちしきの絵本

 ラベルの中に書かれた数字は,分類記号で,本の内容をあらわしています。
 科学の絵本(動物,植物,人のからだなど)や乗り物,ことばの絵本などは,このラベルです。
  または 

 ☆絵本以外の本
  絵本以外の子どもの本には,赤いラベルをつかっています。

  幼年向けのものがたり
         幼年向け(小学校1・2年生くらい)のものがたりには,灰色のラベルをつかっています。
         このラベルの本は,コンピュータで調べたときの請求記号には,分類記号の前に「Y」がつきます。

          例:『かいけつゾロリのきょうふの宝さがし』原ゆたか/さく・え
            請求記号 Y913/ハ

 

 ☆いろいろなコーナーの本

 ○広島県や原爆についての本
   広島県や原爆についての本には,絵本のラベルや絵本以外のラベルの下に茶色
 のラベルがはってあります。

   ●読みもの                     ●絵本
                       
                         
例:『ヒロシマのいのちの歌』鈴木ゆき江/作      例:『ひろしまのピカ』丸木俊/え・文
 

○「あかちゃんのほんだな」の本
 0才から2才くらいのあかちゃんから楽しめる本をおいた「あかちゃんのほんだな」の本には,ラベルの下に黄緑色のラベルがはってあります。

     
        

    例:『おててがでたよ』林明子/さく