広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 資料紹介> ビジネス資料> ビジネス資料新着紹介> 新着ビジネス図書(平成29年12月) 

新着ビジネス図書(平成29年12月)


 最近受け入れたビジネス図書の一部を紹介します。

≪2020年,小学校でプログラミング教育が必修になります。≫
『プログラミングは最強のビジネススキルである』
 松林弘治/著,ドワンゴ/監修 KADOKAWA 2017【007.6/117マ】

 企画職やデザイナー,管理職など,エンジニアではないビジネスパーソンがプログラミングを学ぶ意義やその方法,学ぶべき10大プログラミング言語について解説している。
 プログラミングを学ぶことで,それを理解できるだけでなく,「プログラミング的思考」を身に付けることで業務の効率化にも役立つことを説いている。
 Chapter5の「より深く学んでいくために」では,「初心者におすすめの分野別参考図書」を紹介し,巻末には「用語解説集」を収録している。


≪朝の清掃は労働時間?答えはp.82。≫
『社長!その労務管理はアウトです!:もめない会社の労働法入門』
 藤本勉/著 労働調査会 2017【336.4/117フ】

 社会保険労務士である著者が,平易な言葉で労務管理の基本をわかりやすく解説している。長時間労働や定額残業制の矛盾,パートタイマーの賃金格差など,中小企業にとって関心の高いテーマを中心に,法律上の原則を説明したうえで,さらに詳しい説明や例外を補足している。

≪イスラム教徒の食事は,「豚肉を食べてはいけない」だけではありません。≫
『飲食店のためのハラル対策ハンドブック:レシピ30付』
 ハラル・ジャパン協会/著 柴田書店 2017【673.9/117ハ】

 ハラルとは,イスラム教徒にとって「(神に)許されている」という意味で,この本ではイスラム教徒が食べることを許されている食品や食事を指す。イスラム教徒が「豚肉」や「アルコール」を口にしないことは知られているが,それ以外にも厳格なルールが定められている。
 飲食店関係者向けにイスラム教徒やハラルについて解説したうえで,ハラル認証の取得,厨房での注意点や食材選びのポイント,ハラル食材を使用した日本食レシピを紹介している。ハラル認証を行っている団体や,ハラル食品を使ったレストランも掲載している。