広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 図書館職員からの「欲張り」情報 

広島県立図書館職員からのおすすめ情報を「欲張り」に発信します!


2017/12/27

「RCC ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」に出演しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書利用係

 クリスマスが終わり,新しい年の足音が近づいてきましたね。
 クリスマスイブの12月24日(日)から,25日(月)の正午までRCCラジオで放送された,「RCC ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」に,県立図書館司書がゲストの一人として出演しました!



 「目の不自由な方に音の出る信号機を」を合言葉に,視覚障害者の方への貢献のために実施する募金キャンペーンを行うこの番組で,当館の障害者サービスについてお話させていただきました。
 放送をお聴きでなかった方のために,内容を少し御紹介します。

(番組で紹介した内容)
 当館では,ボランティアの方々の御協力のもと,対面朗読や「声の目録」の作成を行っています。

 対面朗読は,御希望の日の3日前までにお申し込みが必要です。ボランティアの方への連絡や,資料の下読みなどを事前に行っています。
 初めて利用される方は図書館の利用登録からお願いします。
 利用登録や,対面朗読の申し込みは,電話やメールでお受けすることもできますので,まずはお問い合わせください。

 「声の目録」は,広島県立図書館所蔵の視聴覚資料のうち、貸出可能なCD・カセットテープ・DAISY(デイジー)にどのようなものがあるか音声で紹介したものです。利用される方の御希望により,カセットテープ又はDAISYで利用していただけます。

 ※デイジーとは,デジタル形式で利用できる音訳図書などの規格の名前です。視覚に障害がある方だけでなく,活字による読書が困難な方が利用できます。

 また,ボランティアの登録や養成講座に関して,当館にも時々,お問い合わせがありますが,県立図書館では,今のところ予定していません。

 詳しくは,広島県立図書館ホームページ>障害者サービスを御覧ください。


 調査情報課 青木
16:30 | 若手職員からのおすすめ情報