広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 図書館職員からの「欲張り」情報 

 

 

図書館職員からの「欲張り」情報


2017/12/14

こんなレファレンスがありました 特別編

Tweet ThisSend to Facebook | by 調査相談係
 今回は特別編として,今年あったある質問と,その後の嬉しいやりとりについて御紹介します。

 7月に,北海道に住んでいる小学生から,「地元を代表するおすすめ絵本・紙芝居を3つ教えてください」という手紙が届きました。
 自由研究のため,47都道府県の図書館に手紙を出しているということでした。
 広島県立図書館からは,広島の歴史に関する本として『絵で読むひろしまの原爆』,安佐動物公園のクロサイのハナについての『「ハナ」は日本一のお母さん』,そして『広島東洋カープ60年史:HISTORY 1950-2009 躍動!赤ヘル軍団』の3冊を紹介しました。
 北海道の図書館に所蔵があるという条件で選んだので,紹介できない絵本もたくさんありました。

 どんな自由研究になったのだろう,とレファレンス・サービスの担当で話をしていたところ,先日その子から,自由研究のコピーが送られてきました。
 「夏休み作品展で賞がもらえたこと」,「コピーをとって良いか,回答を送ってくれた図書館に確認し,本の表紙の写真を載せたので著作権の許可を取った」ということでした。
 47都道府県それぞれに,歴史や民話などに関する地域の特色ある絵本が紹介されており,さらにそれを読んでランキングが作成されていました。素晴らしい力作の自由研究でした。

 日々のレファレンス・サービスでは,質問に対して資料を紹介して完了となることが多いですが,その後の成果を教えていただくことができ,とても励みになる出来事でした。
 今後も皆さんのお役に立てるよう,より一層,サービスの充実に努めたいと考えています。
10:30 | こんなレファレンスがありました