英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 図書館職員からの「欲張り」情報 

広島県立図書館職員からのおすすめ情報を「欲張り」に発信します!


2020/05/27

4年連続!国立国会図書館から御礼状を頂きました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 調査相談係

 今年も「国立国会図書館レファレンス協同データベース」事業に寄与したとして,国立国会図書館から御礼状を頂きました。平成28年分から4年連続頂いています。

 「国立国会図書館レファレンス協同データベース」は,国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している,調べ物のためのデータベースです。各図書館等に寄せられた調査や相談の事例(レファレンス事例)等のデータが蓄積されています。

 当館で調査した事例も登録しており,平成31(令和元)年は228点分のデータを登録しました。

 このデータベースはインターネットが使える環境があれば,どなたでも使うことができます。御自身の調査の手掛かりとなる事例が見付かるかもしれません。

 広島県に関する事例も多数登録していますので,ぜひ御活用ください。

 ○広島県立図書館ホームページ 広島県立図書館レファレンス事例検索
  広島県立図書館がレファレンス協同データベースに提供した事例が検索できます。

 ○国立国会図書館レファレンス協同データベースはこちら

 調査情報課 妹尾

レファ協御礼状


12:00