英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 資料紹介> 職員からのお薦め本 

職員からのお薦め本


2020/07/15

職員からのおすすめ本(7月15日)

Tweet ThisSend to Facebook | by 調査相談係

タイトル:『被爆樹巡礼:原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』 
著   者 : 杉原 梨江子 /著 
出 版 者 : 実業之日本社 2015(平成27)年
内   容 :
 広島市内の各所にたたずむ木々のなかには,原爆投下時の激しい爆風と熱線,そして猛火によって無残な姿になりながら,翌春には新たな芽を吹き出して再生した樹木が存在します。
 著者の杉原さんは,広島市が「被爆樹木」として登録している,爆心地から半径2km以内に残る約170本を訪ね,現在の姿を伝えています。県立図書館のすぐそばの千田公園のクスノキ並木は,被爆75年を経た現在も当時の姿がそのまま残ったものです。「このように数多くの木々が被爆した時と同じ場所で残されているのは大変貴重だといわれて」いるそうです。また,木を大切に守ってきた人々の証言や,年月を経て弱った木の保護や再生を手掛ける樹木医との対話も紹介されています。
 被爆樹には広島市が設置した「被爆樹木プレート」(表示板)が掛けられています。これからは街を歩くときにはプレートに注目したいと思います。


請求記号:【653/ス】

調査情報課 佐々木

※ バックナンバーを御覧になりたいときは,右下の「1件」を「100件」に変更してください。


09:30 | 職員からのお薦め本

子供・青少年向けお薦め本

子供・青少年向けお薦め本はこちら