広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

「日本一長い橋」は沢山ある?

 「日本一長い橋が知りたい。」という質問がありました。
 「高い山」や「長い川」といった自然に関する情報の場合は,順位が入れ替わることはあまりありませんが,「高いビル」や「長い橋」といった土木・建築に関する情報は,新しい建造物がどんどん完成するため,少し難しい質問です。

 『橋梁年鑑』という,橋に関する年鑑(過去一年間に生じた変化を簡潔に記述した,年一回刊行される資料)を確認しましたが,その一年間に完成した橋に関する記述が中心で,現在使われている橋全ての長さに関する記述は掲載されていません。
 橋に関する資料の書架に,関連の資料がないか探してみたところ,『日本の橋:鉄・鋼橋のあゆみ』に橋のランキングが掲載されていましたが,出版年が平成16(2004)年と少し古いものでした。質問された方にはこの資料と合わせて,日本橋梁建設協会のホームページで,橋の詳細データ(橋の長さや重さ,完工年や所在地,架設工法など)が調べられることを御紹介しました。

 事例紹介のために改めて調査を行ったところ,『世界大百科事典 [34] 百科便覧』の統計・記録の中に,「海外および日本の形式別長支間橋(平成20(2008)年1月現在)」が掲載されていました。鋼つり橋なら明石海峡大橋,鋼斜張橋なら名港中央大橋というように,橋の形式ごとに,最大支間長(柱と柱の間の長さ)の長い順に5本の橋が掲載されています。ちなみに鋼桁橋という種類の橋では,広島県立図書館の近くにある宇品橋が,最大支間長270mで1位となっています。
 また,インターネット上に新しい情報がないか調べたところ,国土交通省の「道に関する各種データ集」の中に,一番長い橋として東京湾アクアブリッジ(橋長4,425メートル)が掲載されていました(平成25(2013)年4月1日現在)。
 また,朝日新聞の新聞記事データベースで「日本一長い橋」というキーワードで検索したところ,栃木県にあるアドベンチャーブリッジに関する平成11(1999)年3月28日の記事がヒットしました。「H型鋼の組み合わせとワイヤで橋を支えるモノストーム式」の橋としては,日本一長いものであるとのことです。

 このように,橋の形式や長さの比較方法によって,「日本一長い橋」は異なります。質問された方にここまで御紹介できれば良かった,と思われた事例でした。


 今回御紹介したレファレンス事例は,国立国会図書館レファレンス協同データベースで詳しく紹介しています。
 http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000228269