けんりつ・おはなし会

■「けんりつ・おはなし会」は,親子で一緒に楽しめる絵本の読み聞かせや手遊びをしています。

 また,実際のおはなし会の様子を見ることで,子供と本を結ぶ大人の方にも参考になる「おはなし会」を行っています。

 日時 毎月第4土曜日

 午後2時~午後2時30分

 場所 広島県立図書館子供の読書活動推進コーナー

 対象 乳幼児・小学生とその保護者,子供の読書活動ボランティア,読み聞かせに関心のある県民

○ 「けんりつ・おはなし会」の記録

みんなで楽しむおはなし会

令和3年度

みんなで楽しむおはなし会【終了しました】
コロナ対策をして,障害のある子も一緒に,絵本や手遊びを楽しみました。

当日の様子

日時   12月11日(土)14:00~14:30
会場   広島県立図書館 会議室
天気   晴れ

参加者 17人(子供8人,大人9人)
実施者 図書館職員,手話ボランティア

プログラム 
1 手遊び「くるくるくるっ」
2 『きたきたうずまき』元永定正/作,福音館書店,2005【手話】
3 『くだもの』平山和子/さく,福音館書店,1981【手話】
4 『ねえどっちがすき?』安江リエ/ぶん,降矢奈々/え,福音館書店,2003【手話】
5 手遊び「コロコロたまご」
6 『コッケモーモー!』ジュリエット・ダラス=コンテ/文,アリソン・バートレット/絵,たなかあきこ/訳,徳間書店,2001【手話】
7 大型紙芝居『みんなでぽん!』まついのりこ/作,童心社,2006【手話】
     

 参考  『特別支援学校での読み聞かせ』東京都立多摩図書館/執筆,東京都立多摩図書館,2013
     『絵本でひらく心とことば』本と子どもの発達を考える /著,かもがわ出版,2019

<当日の様子>

1 手遊び「くるくるくるっ」
  まずは手遊びをして声を出し,体を動かしました。

2 『きたきたうずまき』元永定正/作,福音館書店,2005【手話】
  一人が読んだら,もう一人がそのあとを復唱しながら読み進めました。
  次に,復唱の部分を,子供たちに一緒に言ってもらいました。

3 『くだもの』平山和子/さく,福音館書店,1981【手話】
  ひととおり読んだ後,子供たちのところに絵本を持って行って,「何がいい?どうぞ」と,くだものを「食べて」もらいました。ふと表情がゆるむ子,食べる真似をしてくれる子,それぞれ楽しんでくれたようです。

4 『ねえどっちがすき?』安江リエ/ぶん,降矢奈々/え,福音館書店,2003【手話】
  「めだまやき」と「たまごやき」どちらが好きか,子供たちに手を挙げてもらいました。
  子供も大人も真剣に考えて,手を挙げてくれました。

5 手遊び「コロコロたまご」
  ちょっと休憩もかねて,手遊びをしました。

6 『コッケモーモー!』ジュリエット・ダラス=コンテ/文,アリソン・バートレット/絵,たなかあきこ/訳,徳間書店,2001【手話】
  初めに「オンドリは何て鳴く?」と尋ねると,「コケコッコー」と元気よく答えてくれました。

7 大型紙芝居『みんなでぽん!』まついのりこ/作,童心社,2006【手話】
  初めにみんなで手をたたく練習をしてから,紙芝居をしました。子供の笑い声も聞こえ,「ぽん」を楽しんでくれているのが伝わりました。

 今回は,当館が招待した重度心身障害児通所施設の子供たちが参加してくれました。
 声を出したり,手を動かしたりと,それぞれ楽しんでくれたように思います。

 他にも家族連れが来てくださり,一緒におはなし会を楽しみました。

令和2年度

令和2年度

児童デイサービスの子供たちが参加予定でしたが,新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にあり,急遽,参加できなくなりました。
今回は,当日集まってくれた0歳から小学生までの子供たちと一緒に,絵本や手遊びなどを楽しみました。

当日の様子

日時  12月12日(土)14:00~14:30
会場  広島県立図書館 会議室
天気  曇り

参加者 10人(子供4人,大人6人)
実施者 図書館職員,手話ボランティア

プログラム
1 手遊び「もちっこやいて」
2 『へっこぷっとたれた』こがようこ/構成・文,降矢なな/絵,童心社,2018
3 『サンドイッチサンドイッチ』小西英子/さく,福音館書店,2008
4 手遊び「にぎりぱっちり」
5 『ねことライオンにてる?にてない?』ひさかたチャイルド,2011
6 『がちゃがちゃどんどん』元永定正/さく,福音館書店,1990
7 大型絵本『はらぺこあおむし』エリック・カール/さく,もりひさし/やく,偕成社,1994

参考
 『特別支援学校での読み聞かせ』東京都立多摩図書館/執筆,東京都立多摩図書館,2013
 『絵本でひらく心とことば:読み聞かせで発達支援』本と子どもの発達を考える会/著, かもがわ出版,2019

<当日の様子>

1 手遊び「もちっこやいて」
  まずは,「もちっこ」に「しょうゆ」を付けて食べました。次に,子供たちにリクエストを聞いて,「きなこ」や「ぶどう」などを付けて(のせて)食べました。

2 『へっこぷっとたれた』こがようこ/構成・文,降矢なな/絵,童心社,2018

 「へっこ」とは,おならのことです。一度通して読んだ後に,「ぷっ」の部分を,みんなで一緒に言いました。
 読み手の隣では,手話ボランティアの方が,ソーシャルディスタンスを保ちながら,表情豊かに手話をしてくださいました。

3 『サンドイッチサンドイッチ』小西英子/さく,福音館書店,2008
  サンドイッチサンドイッチ

 できあがったサンドイッチを,みんなで「いただきます」したら,絵本を子供たちのところに持って行って,食べてもらいました。みんな笑顔でおいしそうに食べてくれました。

4 手遊び「にぎりぱっちり」

 手の中に隠していた「ひよこ」が出てくると,大人もびっくり。また,どちらの手に隠れているかを当ててもらうと,子供たちは真剣に考えて答えてくれました。

5 『ねことライオンにてる?にてない?』ひさかたチャイルド,2011

 ライオンの顔の大きな写真(実物大)に「おぉー!」と声が上がりました。

6 『がちゃがちゃどんどん』元永定正/さく,福音館書店,1990
  子供たちは,音に反応していました。最後の「ぷ」のところは楽しそうでした。

7 大型絵本『はらぺこあおむし』エリック・カール/さく,もりひさし/やく,偕成社,1994

 大きな絵本に,あおむしのぬいぐるみを使いました。「おなかが(は)ぺっこぺこ」の部分は,合図をして,「ぺっこぺこ」とみんなに言ってもらいました。

 新型コロナウイルス感染症防止対策を行って実施した「みんなで楽しむおはなし会」。
 手遊びをしたり,短いお話を読んだりと,和やかな雰囲気のおはなし会となりました。赤ちゃんから小学生まで,幅広い年齢の子供たちが楽しんでくれたように思います。
 今回は,新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にあった時期で,障害のある子供たちが急遽参加できなくなりました。安心して,みんなでおはなし会を楽しめる日が来ることを願っています。

令和元年度

障害のある子も一緒に,絵本や手遊びなどを楽しみました。

当日の様子

日時  12月14日(土)14:00~14:30
会場  広島県立図書館 会議室
天気  晴れ

参加者 40人(子供21人,大人19人)
実施者 図書館職員,手話ボランティア

プログラム
1 手遊び「こどもかぜのこ」
2 『あぶくたった』さいとうしのぶ/構成・絵,ひさかたチャイルド,2009
3 『みかんのひみつ』鈴木伸一/監修,岩間史朗/写真撮影,ひさかたチャイルド,2007
4 手遊び「にぎりぱっちり」
5 『もこもこもこ』谷川俊太郎/作,元永定正/絵,文研出版,1977
6 『やさいのおなか』きうちかつ/さく・え,福音館書店,1997
7 大型絵本『おおきなかぶ』A.トルストイ/再話,内田莉莎子/訳,佐藤忠良/画,福音館書店,1998

参考  『特別支援学校での読み聞かせ』東京都立多摩図書館/執筆,東京都立多摩図書館,2013

<当日の様子>

1 手遊び「こどもかぜのこ」

 まずは,子供たちと一緒に元気よく,声を出して体を動かしました。

2 『あぶくたった』

 一度通して読んだ後に,「あぶくたった」のわらべ歌を一緒に歌いました。読み手の隣では,手話ボランティアの方が手話をされています。

3 『みかんのひみつ』

 いろいろなみかんの種類が載っているページから,好きなみかんを子供たちに選んでもらいました。車イスの子もいるので,一人ひとりの前に絵本を持って行き,見せています。すぐに決まる子,迷う子…子供たちはそれぞれうれしそうに選んでいました。

4 手遊び「にぎりぱっちり」

 子供たちは手の中に隠されたものに釘付け!でも,途中で隠したはずの「ひよこ」が見えてしまい,「見えとる!」と笑いが起きました。

5 『もこもこもこ』

 「ぱちん!」のページでは,手を叩こうと待ち構えていた子が,見事に「ぱちん!」と合わせてくれました。

6 『やさいのおなか』

7 大型絵本『おおきなかぶ』
  おじいさん,おばあさん,孫…と,読み手が役割分担をして読みました。子供たちは集中して聞いていました。

 歌を歌ったり,手遊びをしたり,短いお話を読んだりといったプログラムで,まさに「みんなで楽しむ」感じの一体感のあるおはなし会になりました。子供たちも最後まで楽しんでくれたようです。