広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > お知らせ・行事> 資料展示> 平成29年度資料展示> 稲亭物怪録の世界~三次の妖怪絵巻物~ 

資料展示「稲亭物怪録の世界~三次の妖怪絵巻物~」

資料展示「稲亭物怪録の世界~三次の妖怪絵巻物~」みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)連携

ポスター展示稲亭物怪録

 稲生物怪録(いのうもののけろく)は,江戸時代の備後国三次に住んだ稲生平太郎という16歳の若者が,七月の一か月間に渡って,妖怪や怪異と遭遇した様子を記した,全国的にも有名な妖怪の物語です。当時から多くの人たちに注目され,絵巻や絵本などが数多く制作されました。みよし風土記の丘ミュージアムが保管する「稲亭物怪録」(とうていぶっかいろく)」もそうした絵巻の一つです。この物語は,現代でも小説や戯曲,漫画の題材になるなど,多くの人々に親しまれています。
 広島県立図書館では,みよし風土記の丘ミュージアムと連携して,「稲亭物怪録」の内容を写真パネル等で紹介することで,稲生物怪録の物語の魅力を紹介するとともに,展示内容に関連する図書館資料の展示・貸出しを行います。


1 展示期間 平成30年3月13日(火)~5月13日(日)
2 開館時間 土・日 午前9時30分~午後5時 火~金 午前9時30分~午後7時  
3 休館日   毎週月曜日,3月21日(水・祝)春分の日,5月3日(木・祝)憲法記念日,
         5月4日(金・祝)みどりの日,5月5日(土・祝)こどもの日,
         5月6日(日)消防設備法定点検等に伴う臨時休館
4 展示場所 広島県立図書館


  ・展示資料リスト.pdf

  ・みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)のホームページ


  [展示の様子]

 写真展示稲亭物怪録① 写真展示稲亭物怪録②
 写真展示稲亭物怪録③ 写真展示稲亭物怪録④