広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

「図書部!!」部活日誌 9月20日(日)

 

図書部!!チラシ



 日時     9月20日(日)10:30~12:30  
 場所     広島県立図書館会議室

 天気     晴れ

 参加メンバー 9人(高校生2人,大学生7人)
 見学者     3人
 活動メニュー 熱血読書会 

 顧問     県立図書館職員





当 日 の 様 子

 

10:30  部活開始
    熱血読書会

 図書部!!読書会
 それぞれ,『ムーンライト・シャドウ』(吉本ばなな/著,全国学校図書館協議会)を読みました。

 図書部!!読書会
 読み終わった人から「読書会用シート」に,自分の感想等を書き込みました。
       
  図書部!!読書会 図書部!!読書会
 読書会用シートに沿って,話し合いをしました。        
  図書部!!読書会
  話し合いの後は,一言メッセージを記入して,「読書ボード」を作成しました。     

 

話し合いで出た意見等          

○ 恋愛の描写がきれいな作品だった。
○ 同じ本を読んでも,印象に残る場面や言葉が違い,その人を表していると思った。
○ セーラー服の印象が強い。最後にセーラー服がなくなったのは,忘れてもいいよという由美子のメッセージだったのではと思う。
○ 久しぶりに吉本ばななの作品を読んだ。何回か読んだが,読むたびに感想が変わるのが面白い。

読 書 ボ ー ド 
図書部!!読書会     

○ 初めての読書会でしたが,楽しかったです。吉本ばななさんの作品を久しぶりに読みましたが,風景描写がキレイでとても良かったです。(じゅな

○ 久しぶりに吉本ばななの作品を読みました。透明な印象を受けました。別れを乗り越えて強く生きていきたいものです…ロマンチスト多し!(すみぃ

○ 読む人によって,様々な感じ方をするということをあらためて実感しました。だから読書会はおもしろい!!(シュン

○ はじめての読書会参加。皆さんのおかげで,たのしませて頂きました。『ムーンライト・シャドウ』,初めて読みました。やはり,本の世界は,奥が深いなと,思いました。友人にも,今回の体験をシェアしようと思います。(とくまろ

○ 年上の方々ばかりでの司会はとても緊張しましたが,様々な意見が聞けてよかったです。
  柊のような高校生はいない!!(ENN

○ 読書会楽しかったです。1つのお話に対してとことん語り合うのがこんなに面白いとは思いませんでした。(パン屋
 
読書会シート


○ 初の吉本作品でした。「キッチン」買って帰ろうと思います。(のがみん

○ 今回,久しぶりに図書部に参加し,読書会をして,たくさんの人の意見をきけて,すごく楽しかったです!!それから,あまり恋愛小説を読んだことがないので,本当に充実した読書会でした!(みひろ

○ 一冊の本について年齢が違う人と意見交換が出来て面白かったです。またやりたいと思いました。(伊尾

○ 「ムーンライト・シャドウ」を読んで,大切な人を失った悲しみの中にも前に進んでいくこれからを生きていく希望も感じることができとてもいい作品に出会うことができました。
  読書会には,はじめて参加させていただいたのですが,自分と違う意見や考え方を知ることができるというのはとても面白くまた違う読み方ができ,もう1度読み返したいと思いました。(いこま

○ 一つの本について意見を言い合うことで,さまざまな本の内容を見つけることができました。(茉里奈

○ とても素敵な読書会でした!!純粋な意見に触れることができて自分自身洗われたような気持ちになりました。作品もきれいな(美しい)作品だと改めて思いました。(S.N) 


部 員 の 声           
 

○ 色んな年代の方の意見を聞くことができるのはとても新鮮でなかなかできないのでとても貴重な体験になりました。(いこま
○ 色んな人の意見が聞けて面白かったです。(あめだま
○ 初めての参加でしたが,楽しかったです。(じゅな
○ 年上の方ばかりのなかでの司会は緊張しましたが楽しかったです。(ENN
○ 緊張したけど楽しかった。初めて会う人と1冊の本について語り合うのいいと思った。(パン屋
○ とにかく,気になる世界には,飛び込んでみるべきだと思いました。(しょーこ
○ 様々な意見が一冊の本からでて,いろいろな一面を見ることができ,面白かったです。(ジャスミン
○ すごく楽しかったです!司会はきんちょうしましたが,みなさんに意見を出していただいて充実していました!(みひろ
○ 普段話さない年齢の人と意見交換が出来て面白かったです。またやりたいと思いました。(伊尾