広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 郷土資料> 新着資料> 郷土資料紹介(平成28年1月) 

平成28年1月 広島県の歴史を漫画で紹介した本

歴史を分かりやすく解説した学習漫画の人気が高まっています。
今回は,広島県の歴史を学ぶことができる漫画を紹介します。


[新着案内]

『まんがで語りつぐ広島の復興:原爆の悲劇を乗り越えた人びと』
 手塚プロダクション/まんが 青木健生/シナリオ 小学館クリエイティブ小学館(発売) 2015
 【H265.1/テスカ115ア】

  中国放送が被爆70年にあたり,広島が復興を成し遂げてきた記録を後世に伝えようと企画・立案。過去のインタビューや地元企業の社史などを調べて復興秘話を掘り起こし,1章から10章までの10のエピソードを紹介する。


 

『窪田次郎 : 医師で偉大な啓蒙思想家 まんが物語』
 ひろゆうこ/作画 杉本武信/原作 青木萌/シナリオ まんが「福山を知ローゼ」制作委員会,福山市教育委員会/監修 福山市 2015(まんが「福山を知ローゼ」
第3集)
 【H289/クホシ115ア】

  福山市では,子どもたちに郷土への愛着を深めてもらい,多くの人に福山を知ってもらおうと,平成25年から毎年1冊,全国に誇れる福山ゆかりの人物を紹介する漫画を刊行している。
 第1集は「阿部正弘」,第2集は「井伏鱒二」を取り上げている。


 

『出口のない海 : 漫画でよめる!』
 三枝義浩/漫画 横山秀夫/原作,講談社 2015(語り継がれる戦争の記憶)
 【H72/サエヨ115ア】

  同時収録の「ヒロシマの証言者」は,被爆体験の語り部沼田鈴子さんを取材して漫画化したもの。

 

 

戦国時代の武将・毛利元就を主人公にした漫画や,広島のことを何も知らない社会人一年生の若者が,広島愛にあふれた先輩たちから,広島の魅力を学び,郷土愛に目覚めていく様子を描いた漫画もあります。


[他にも]

『毛利元就』
 加来耕三/企画・構成・監修 すぎたとおる/原作 中島健志/作画 ポプラ社 2010(コミック版日本の歴史 24 戦国人物伝)
 【H289/モウモ110ア】

『先輩は広島を愛しすぎている』泰文堂,2014(リンダブックス)
【H361/センハ114ア】 

※【 】は,広島県立図書館の請求記号です。