広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

「図書部!!」部活日誌 7月21日(日)

日 時    7月21日(日)14:00~15:30

場 所    広島県情報プラザ第三研修室 

天 気    晴れ

参加メンバー 15人(中学生7人,高校生3人,大学生5人)
見学者    2人(学校関係1人,図書館関係1人)  

活動メニュー  ○ 感動が伝わる文章の書き方
        ○ 夏休みに読んでみたい本の紹介   

顧 問     中国新聞社 渡辺敬子記者,県立図書館職員

           図書部!!写真


当 日 の 様 子

14:00 部活開始  
    感動が伝わる文章の書き方

   図書部!!写真

   中国新聞「青春文学館」の記事を読みました。  
 
   
   図書部!!写真
   グループに分かれて,いい表現だと思ったところや,読みたくなったポイントなどの気付きを話し合いました。       
  
   図書部!!写真
   グループごとの意見を発表しました。
         
14:30  渡辺記者による解説    
    図書部!!写真
    ・ 参加者の発表を聞いての感想
    ・ 記者としての見方
    ・ 編集過程などの裏話
       
15:05 夏休みに読んでみたい本の紹介 
   図書部!!写真
    グループに分かれて,部員同士で「夏休みに読んでみたい本」や「夏休みにオススメしたい本」の紹介をしました。
   図書部!!写真 
   グループで「一番読みたい本」に選ばれた人が,全員に,その本を紹介しました。


グループ別に紹介した本
 

画像 グループで「一番読みたい本」に選ばれた本 
 
  『天使と悪魔』

『天使と悪魔』部員のコメント

 まだ,上巻しか読んでいない本です。ハーバード大学の教授が,組織に殺された科学者のなぞを解く話ですが,子供のうちは,読まない方がいいと思います。
 分からない単語も多いです。でも,何回も読むと,だんだん分かるようになってきました。分からないところは,母に聞いたり,インターネットで調べたりしています。

○ 部員が紹介した本 
  『天使と悪魔(上)』ダン・ブラウン/著,越前敏弥/訳,角川書店(角川文庫)
  『少年少女世界の名作文学 38 北欧編 1』名作選定委員会/編,小学館
  『ローワンと魔法の地図』エミリー・ロッダ/作,さくまゆみこ/訳,佐竹美保/絵,あすなろ書房
  『しまなみ幻想』内田康夫/著,光文社
  『春季限定いちごタルト事件』,米沢穂信/著,東京創元社(創元推理文庫)


 

画像 グループで「一番読みたい本」に選ばれた本
  『探偵はバーにいる』 『バーにかかってきた電話』

探偵はバーにいる』『バーにかかってきた電話』部員のコメント 

 大泉洋主演の「探偵はbarにいる」という映画がありました。あの映画の内容は,本では2作目の『バーにかかってきた電話』が元になっています。
 舞台は北海道のススキノです。雪景色を想像しながら読んでください。
 
○ 部員が紹介した本
  『探偵はバーにいる』東直己/著,早川書房(ハヤカワ文庫)
  『バーにかかってきた電話』東直己/著,早川書房(ハヤカワ文庫) 
  『Another』綾辻行人/著,角川書店
  『配達あかずきん』大崎梢/著,東京創元社
  『片腕のキャッチ』M.J.アウク/作,日当陽子/訳,フレーベル館
  『ハガネの女』深谷かほる/原作,前川奈緒/著,集英社(集英社文庫)
  『アメリカひじき・火垂るの墓』野坂昭如/著,新潮社(新潮文庫)


画像 グループで「一番読みたい本」に選ばれた本
  『リング』 『らせん』 『ループ』

『リング』『らせん』『ループ』部員のコメント 
 夏といえば,ホラーですね。映画の「リング」は,幼少期に見ました。『らせん』ではDNAが出てきて,『ループ』はSFになっています。物語の変化を楽しんでください。 

○ 部員が紹介した本
  『リング』鈴木光司/著,角川書店(角川ホラー文庫)
  『らせん』鈴木光司/著,角川書店(角川ホラー文庫)
  『ループ』鈴木光司/著,角川書店(角川ホラー文庫) 
  『穴』ルイス・サッカー/作,幸田敦子/訳,講談社
  『レ・ミゼラブル(上・下)』ヴィクトル・ユゴー/著,永山篤一/訳,角川書店(角川文庫)
  『夢幻花』東野圭吾/著,PHP研究所
  『安吾捕物帖明治開化』坂口安吾/著,角川書店(角川文庫)

 


部 員 の 声            

○ とても楽しかった。同じように本が好きな人同士で話もできたしあらたな発見もできた。(円画像) 
○ もうちょっとおかたいイメージを持っていたけれど,そんなことはなく,みんなで楽しめてよかった。(モリオ画像
 文章の書き方の講義がとても参考になりました。(イタリアングレートハウンド画像
○ 前回と来てる人もかなり変わっていて,いろいろな本を知れて良かったです。(青木画像
○ 新聞記者の方の話を聞けて部活動の参考になったし,また新たな本との出会いがあって楽しかったです。(あゆみ画像
○ 初めて図書部!!に入部して,感動が伝わる本の書き方というのを聞けて,また時間があれば図書部!!に参加したいと思いました。(いおちゃん画像

○ とても緊張しました。でも本好きの方々と話せて,会話も弾んで,とても楽しかったです。(カラス画像) 
○ 中国新聞の方の話が聞けてよかったです。次回も参加したいです。(M・H画像) 
○ 意外に緊張しなかった。(Fire Fox画像) 
○ 私のクラスは読書好きの人が多いわけではないので,今日は本が大好きな人達と会えてとても嬉しかったです。また,面白そうな本がたくさん見つかりました。(ユゴー画像

○ 楽しかった。でも,少し反省するところがある。それは,説明。(佐伯画像
○ 文章をかくとき,どうしても「かっこいい言葉がないかな」と思ってしまうので,自分の感動や感じたことを自分の言葉で表せばいいと知った。夏に文章をかくときに,生かしていきたい。(みひろ画像
○ 思ってたよりよかったです。(M・M画像
○ 初めて来た人の方が,私よりも説明が上手で,少し情けなくなりました。人によって好きな本も,好きになった理由も違う。(O.A画像

○ 学校の宿題で読書感想文があるのですが,今まで読書感想文を書いたことがなかったので渡辺敬子さんのお話はとても参考になりました。(画像) 

見学した先生の感想 
 

 国語科,図書館(室),文芸部の仕事をしていて,「図書館教育」「表現活動」の参考にさせてもらいたいと思って来ました。皆さん,本当に本が好きで,「図書部!!」の活動に来ておられて,議論も活発で感動しました。今後の参考にさせていただきたいです。