広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 資料紹介> 職員からのお薦め本 

職員からのお薦め本

毎週水曜日に広島県立図書館の職員が,お薦めの本を紹介します。


平成29年3月29日(水)


タイトル:『広島藩』
○著 者:土井作治
○出版者:吉川弘文館 2015(平成27)年
○内容
 県立図書館のレファレンスサービスには日々いろいろな質問が寄せられますが,特に広島県の歴史に関する質問が多いです。中でも江戸時代のことは皆さん関心が高いようです。
 広島県のことならまず『広島県史』を調べるのが定石ですが,1冊数百ページの厚さの布装の本が堂々の28冊!江戸時代にあたる「近世編」だけでも通史編が2冊と資料編が6冊あり,手を伸ばすには躊躇するボリュームです。
 もっと気軽に手に取れる本があれば,皆さんにお薦めしやすいのにと思っていましたが,一昨年出版されたこの『広島藩』はまさにお薦めの本です。
 『広島県史』の近世編の編さん過程で解明された成果をもとに書かれた『幕藩制国家の展開』(土井作治/著,渓水社)を基に,広島藩に焦点を当てて,毛利氏による築城から広島藩の終焉までを扱っています。
 県庁舎の火災や原爆で多くの藩政資料を失った状況で編さんされた『広島県史』のエッセンスをまとめたこの本を読んで,ぜひ『広島県史』本体も手に取ってみてください。
○請求記号:H25/トイサ115ア


調査情報課 佐々木


バックナンバーはこちら

 

新着お薦め本

平成29年3月22日


タイトル:都市と地方をかきまぜる-「食べる通信」の奇跡-
○著 者:高橋博之/著
○出版者:光文社
○内 容:「人口減と一極集中」,「生産者と消費者」など2項対立で捉えられる「地方」と「都市」。著者は分断されつつある日本を「食」をテーマにかきまぜようとしています。三陸の漁師や福島の農家に通い,都市では若者と車座で勉強会を行うなど,新たなふるさとづくりに奮闘する姿が伝わってきます。
〇請求記号:S611.4/116タ


タイトル:星くずたちの記憶-銀河から太陽系への物語-
○著 者:橘省吾/著
○出版者:岩波書店
○内 容:地球上の鉱物が大地の歴史を伝えるように,「星くず」の中の鉱物で,宇宙や太陽系の生成を知ることができます。星くずからの記憶を丁寧に読み解きながら,太陽系,銀河系,宇宙の壮大な旅路を感じてみてはいかがでしょう。
〇請求記号:440.1/116タ

 

 


バックナンバーはこちら
過去3か月分を掲載します。

 

中国新聞「Cue」で紹介した本

 広島県立図書館が,中国新聞に折り込まれる情報誌「Cue」で紹介した本を掲載しています。
 ※「Cue」の連載は,1月27日号で終了しました。


 


バックナンバーはこちら
過去1年分を掲載しています。
 

子供・青少年向けお薦め本

子供・青少年向けお薦め本はこちら