英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > 資料紹介> 職員からのお薦め本 

職員からのお薦め本

毎週水曜日に広島県立図書館の職員が,お薦めの本を紹介します。
12345
2021/02/24new

職員からのお薦め本(2月24日)

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書利用係

○タイトル:『猫の世界史
○著  者:キャサリン・M・ロジャーズ,渡辺 智/訳
○出 版 者:エクスナレッジ 2018(平成30)年
○内  容:
 現代ではペットとして人気がある猫だが,その地位を得るまでには長く険しい道のりがあった。
 4000年前にはネズミ捕りとして重宝されていた猫が,現在では野性的でしかも優美さを持つ猫そのものの性質が受け入れられ,人間とともに生活するようになった歴史を紹介している。
 例えば,絵本『猫とネズミのとも暮らし』では気ままで自己中心的だが,『長ぐつをはいたねこ』では不思議な力と知恵で人間に幸運をもたらす存在として描かれており,そうした多様な魅力が近世以降人をを引きつけてきたと書かれている。
 一方,『吾輩はねこである』や『三毛猫ホームズ』シリーズでは,猫をより人間に近い立場で描いており,親しみやすさを感じる。
 また,古今東西の名画や年表も掲載しており,視覚からも,ねこと人の深い関わりがわかりやすいように紹介されている。

○請求記号:【645.7/118ロ】
(調査情報課 前田)


※バックナンバーを御覧になりたいときは,右下の「1件」を「100件」に変更してください。


09:30 | 職員からのお薦め本
12345

子供・青少年向けお薦め本

子供・青少年向けお薦め本はこちら