広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

「図書部!!」部活日誌 9月15日(日)

日時     9月15日(日)10:30~12:00 
場所     広島県立図書館会議室

天気     晴れ

参加メンバー 12人(中学生5人,高校生2人,大学生5人)
見学者     1人
活動メニュー  ○ ビブリオバトルにチャレンジ!

顧問     県立図書館職員 
    ビブリオバトル写真

当 日 の 様 子 

10:00   部活開始  
    グループ別に分かれて,ミニビブリオバトル   

    ビブリオバトル写真

     プレゼンは5分。その後,質問を1分程度受付けます。読もうと思ったきっかけや,お気に入りの登場人物などを紹介しました。 
 
    ビブリオバトル写真
     全員の紹介が終わったら,「いっせーの,せっ!」で,一番読みたくなった本を指差して,チャンプ本を決めました。 
 
11:15 「ビブリオバトル in 図書部!!」開始です。  
 

    ビブリオバトル写真

     グループでチャンプ本に選ばれた人が発表者になって,全員の前でプレゼンしました。
     画面左には,タイマーが表示されています。

    ビブリオバトル写真
     代表者4人のプレゼンを聞いて,「一番読みたくなった本」を用紙に記入し,投票しました。
     投票は,一人一票です。 
 
    ビブリオバトル写真  
    今回のチャンプ本は,『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に決定!
   
  
 


グループ別に紹介した本
 

○ Aグループで「一番読みたい本」に選ばれた本

 ナミヤ雑貨店の奇蹟

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾/著,角川書店 
 (部員のコメント)

 東野圭吾さんの作品は,推理小説が多いけど,こういう作品も書いていると知ってほしいです。
 この本を読んで,これから,いろんな事で悩むと思うけれど,自分の行動の結果かどうであれ,後悔しないように生きたいと思いました。 
 読んだ後にとても充実感のある,人生について考えさせられる本です。 

 
○ 各部員が紹介した本
  『練習3分でもっと上手に話せる本』新田祥子/著,日本能率協会マネジメントセンター
  『斬魔大聖デモンベイン』鋼屋ジン/原作,涼風涼/著,角川書店(角川スニーカー文庫)
  『みえない雲』グードルン・パウゼヴァング/著,高田ゆみ子/訳,小学館(小学館文庫)


○ Bグループで「一番読みたい本」に選ばれた本

幸福論
『幸福論』アラン/著,白井健三郎/訳,集英社(集英社文庫)
 (部員のコメント) 

 自分の心に敏感になる秋にオススメです。
 哲学の本なので,抵抗のある人もいるかもしれませんが,どの章も短いので,ちょこっとした時間に読めます。
 日々のもやもやした気持ちや絶望した気持ちをそっと励ましてくれる,素敵な言葉が載っています。
嫌われ松子の一生

『嫌われ松子の一生』山田宗樹/著,幻冬舎
 (部員のコメント)  

 映画が気になっていたけど,見れなくて,活字になっていたので,読みました。
 はじめは暑さもあって面倒くさいと思いながら読んでいましたが,最後はぼろなきでした。
 「遺骨がポトリ」と鳴るところがあるんですが,松子が幸せだったんだな,と思えて好きな場面です。 


○ 各部員が紹介した本
  『バガボンド』 井上雄彦/著 吉川英治/原作 講談社
  『海の底』 有川浩/著 角川書店(角川文庫)

○ Cグループで「一番読みたい本」に選ばれた本

アルファマンリターンズ
『アルファマン・リターンズ』 久楽健太/著 講談社
 (部員のコメント)

 「プロジェクト・アマテラス」の第一作です。
  表紙を見るとまるでマンガみたいですが,ちゃんとした小説です。 
  アルファマンとして活躍していたヒーローの10年後を描いた作品です。
  変身したいのに変身する術がないとか,結構切ないエピソードがあったりします。 


○ 各部員が紹介した本
  『プリンセス・トヨトミ』万城目学/著,文藝春秋
  『シャーロットのおくりもの』E.B.ホワイト/作,ガース・ウイリアムズ/絵,さくまゆみこ/訳,あすなろ書房
  『王への手紙』トンケ・ドラフト/作,西村由美/訳,岩波書店(岩波少年文庫)

 


部 員 の 声           
 

○ 緊張しましたが,とてもいい経験ができました。(まり) 
○ ビブリオバトル,初めてやりましたけど,とても楽しかったです。個人的にも,自分のオススメの本について語れたのは,とてもいい経験になったし,人のオススメの本をきいていても読んでみようかなと思える本がたくさんありました。(畠田
○ 私は説明がへたくそなので,うまく伝えられなかったので,もう少しうまく説明できるようにしたいです。(O.A
○ いろいろな本がおもしろそうだと思った。みんなが自分の本を熱意を持って紹介していて雰囲気がとてもよかった。(フィジー
○ なかなかおもしろい本を知ることができてとても良かったです。(
○ 「ビブリオバトル」では,僕が話し下手なのもあって,上手く説明できない事が多々あったのですが,聞いてくれている人達が色々と聞いてくれたので,とても楽しくできました。(カッキー
○ 一方的は難しい。これが課題だなと思いました。(龍馬

○ 5分間が短く感じられた。() 
○ ただ本の紹介することはあったけどバトルは初めて!少しきんちょう感もあってよかった。(赤とんぼ) 
○ いろんな人がいろんな本を読んでいる。みんな説明がうまい。(クボタ) 
○ 楽しかったです。知らない本もありましたが,どれも気になりました。まだいろいろと紹介したい本があるのでまたする機会があったら来たいです。(円

○ 普段読まないジャンルの本のことを知ることができたので良かったです。(ポメラニアン
 

 ビブリオバトルについて,詳しくは,知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイトへ
 http://www.bibliobattle.jp/