広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > お知らせ・行事> 資料展示> 平成28年度資料展示> HIVとエイズってなぁに? 

資料展示「HIVとエイズってなぁに?」

資料展示「HIVとエイズってなぁに?」広島県健康対策課連携

展示HIVとエイズポスター

 12月1日は,「世界エイズデー」です。 
 治療法の進歩により,エイズの原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染したHIV陽性者が長く生きていくことが期待できるようになりました。一方,全国で新規HIV感染者・新規エイズ患者(感染に気付かずエイズを発症した者)として報告された人は,未だ合計で毎年1,500件程度報告されており,予断を許さない状況です。
 一人ひとりがHIV,エイズについての正しい知識を得るとともに,身近な問題として捉えることにより,HIV感染の予防,エイズに対する差別・偏見の解消につなげることが大切です。
 広島県立図書館では,広島県健康対策課と連携して,HIV,エイズについて知っていただき,理解を深める機会としていただくため,関係のパンフレット等を配布するとともに,図書館資料の展示・貸出しを行います。

1 展示期間 平成28年11月8日(火)~12月27日(火)
2 開館時間 土・日 午前9時30分~午後5時 火~金 午前9時30分~午後7時  
3 休館日  毎週月曜日,11月23日(水)勤労感謝の日,12月23日(金)天皇誕生日
4 展示場所 広島県立図書館

展示資料リスト.pdf