広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

平成29年1月27日号(テーマ:猫)

 2月22日は「猫の日」です。猫に癒やされたり,元気をもらったりしている人も多いと思います。猫に関する本を読むと,意外な生態を見つけられるかもしれません。


『岩合光昭の世界ネコ歩き』岩合光昭/著 クレヴィス 2015 【645.7/115イ】 
 フランス・パリの街にすむ個性豊かな猫やノルウェーの森で過ごすネコなど,15の国や地域で撮影された猫の写真集です。日本からは沖縄の猫が紹介されています。


『作家の猫』コロナ・ブックス編集部/編 平凡社 2006 【910.26/106ヘ】
 夏目漱石や藤田嗣治,中島らもなど,猫に縁のある作家と猫との関係を,貴重な資料と共に紹介しています。作家の並々ならぬ愛情が伝わってきます。


『図書館ねこデューイ:町を幸せにしたトラねこの物語』ヴィッキー・マイロン/著羽田詩津子/訳 早川書房 2008 【936/マイ108】
 米国の小さな町にある図書館の返却箱から救出された子猫は,「図書館猫」として多くの人から愛され,人々を勇気づけました。共に過ごした館長がその一生をつづります。


『ネコ学入門:猫言語・幼猫体験・尿スプレー』クレア・ベサント/著三木直子/訳 築地書館 2014 【645.7/114ヘ】
 猫と仲良くするこつは?トイレを教える方法は?気まぐれに見える猫の行動原理について解説し,猫とのコミュニケーションについて考察します。


『ねこはすごい』山根明弘/著朝日新聞出版 2016 【S645.7/116ヤ】 
 動物学者である著者が,猫の優れた身体能力や,人間の心身を癒す力などについて解明しています。猫への尊敬と愛情にあふれた本です。


『タンゲくん』片山健/[作] 福音館書店 1992 【E/カ】
 ある日,左目にけがをしているのら猫が,私の家にのっそりやってきました。「タンゲくん」と名前を付け,仲良くなっていきます。