広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > お知らせ・行事> 資料展示> 平成29年度資料展示> 姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器窯跡 

資料展示「姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器窯跡」

資料展示「姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器窯跡」ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)連携

ポスター資料展示姫谷焼

 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)において,平成30年1月19日(金)から3月11日(日)まで,平成29年度早春の展示「姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器窯跡」が開催されます。この展示会では,姫谷焼に代表される福山藩内の近世陶磁器を取りあげ,現在に伝わる優品と共に,窯跡から出土,あるいは地表面で採集された資料を広く公開することによって,当時どのような陶磁器が生産され流通していたのかを探ります。
 広島県立図書館では,ふくやま草戸千軒ミュージアムと連携して,姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器やこの展示会について,写真パネルで紹介するとともに,展示内容に関連する図書館資料の展示・貸出しを行います。

姫谷焼について
 姫谷(福山市加茂町)の地は有田(佐賀県),九谷(石川県)と共に日本で最初に色絵磁器を生産した場所の一つで,その華やかな色彩と素朴な図柄から,現在でも多くの愛好家に注目されています。この姫谷焼窯では,色絵磁器以外に青磁や染付,白磁,陶器を数多く焼いていました。

 1 展示期間 平成30年1月5日(金)~3月11日(日)
 2 開館時間 土・日 午前9時30分~午後5時 火~金 午前9時30分~午後7時  
 3 休館日   毎週月曜日,特別整理期間2月20日(火)~3月2日(金)

 4 展示場所 広島県立図書館 


   ・展示資料リスト.pdf(作成中)
   ・ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)のホームページ

 
 

 [展示の様子]

 写真展示姫谷焼① 展示写真姫谷焼②