英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 
トップページ > お知らせ・行事> 資料展示> 平成31年度資料展示> 木の建物で未来の森をつくろう 

資料展示「木の建物で未来の森をつくろう」

資料展示「木の建物で未来の森をつくろう~10月は「木づかい推進月間」です~」広島県林業課・広島県立図書館連携
   
  


【木づかいは,森への気づかい】
 今,国内では,戦後に植林された人工林が大きく育ち,多くの木が伐り時を迎えています。成長した木をタイミング良く伐り,利用し,新たに苗木を植えることで,未来につながる森林の持続的なサイクルが保たれます。このサイクルをスムーズに回すためには,伐った木をしっかり利用することが大切です。
 毎日の生活に地元の木を使った製品を取り入れること,それが「木づかい」です。「ひろしまの木を使い,森を元気にしませんか!」

【木造建築を進めよう】
 木材の利用先として最も多いのは建築用です。日本では,住宅の多くは木造で建築されていますが,住宅より規模の大きい建物は,ほとんどが鉄骨や鉄筋コンクリートで建築されてきました。
 しかし,近年,木造技術の進展と人や環境への優しさから,大きな建物でも木造で建築される動きが広がっています。
 広島県では,県内の森林の健全で持続的なサイクルを確立するため,建物への県産材の利用促進に取り組んでいます。
 今回の連携資料展示では,広島県内の代表的な木造・内装木質化建築物の事例を関連資料等で紹介します。

 ※内装木質化とは,建物の床や壁等の内装に木材を使用することです。


  
 1 展示期間 令和元年10月1日(火)~11月3日(日) 
 2 開館時間 土・日 午前9時30分~午後5時 火~金 午前9時30分~午後7時  
 3 休館日   毎週月曜日,10月22日(火)即位礼正殿の儀
 4 展示場所 広島県立図書館

 

  ・展示資料リスト.pdf
 

[展示の様子]