広島県立図書館トップページへ
 
  英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

初等教育教科書の歴史

 ○教科書目録

初等教育教科書の歴史

時期

教科書制度変遷

使用教科書

学制(小学校)

明治5

1872

学制発布。小学教則により,自由発行されたものから標準教科書が指示される。

自由発行・採択

尋常小学校(下等4年・上等4年)

明治14

1881

教育令公布。小学校教則綱領において,そこに示された学級別教授要旨に基づいて編集するよう定められる。

小学校(初等科3年・中等科3年・高等科2年)

明治19

1886

小学校令制定。教科書検定制度が定められる。

検定教科書

尋常小学校(4年)・高等小学校(4)

明治23

1890

教育勅語発布。小学校令改正。

尋常小学校(34)・高等小学校(24)

明治33

1900

小学校令改定。

尋常小学校(4)・高等小学校(24)

明治36

1903

小学校令が改正され,教科書の著作は文部省が行うことになる。(国定教科書制度確立)

国定教科書1

明治40

1907

小学校令改正。国定教科書2期改定。

国定教科書2

尋常小学校(6)・高等小学校(23)

大正7

1918

国定教科書3期改定。

国定教科書3

昭和8

1933

国定教科書4期改定。

国定教科書4

昭和16

1941

国民学校令公布。国定教科書5期改定。

国定教科書5

国民学校(初等科6年・高等科2)

昭和20

1945

敗戦により国定教科書の使用が禁止される。

墨塗り教科書

昭和21

1946

暫定教科書

昭和22

1947

教育基本法・学校教育法公布。教科書検定制度実施が定められる。

文部省著作教科書

新制小学校(6年)

昭和24

1949

初めての戦後検定教科書が使用される。

現行検定教科書

参考文献
  学制90
年史(大蔵省印刷局)
  新教育学大辞典(第一法規)
  広島大学附属図書館所蔵教科書コレクション画像データベース目録(広島大学)
  国史大辞典(吉川弘文館)