英語     ハングル語     中国語     ポルトガル語   
 
    
 
サイト内検索 
  
 

資料展示「南画(なんが)への誘(いざな)い」

資料展示「南画(なんが)への誘(いざな)い」
頼山陽史跡資料館 広島県立図書館 連携
   
   南画は,中国の南宗画(なんしゅうが)が日本に伝わり,独自の展開を遂げるなかで確立した絵画様式です。頼山陽を始めとする江戸時代の文人たちは,中国の文人の生き方に憧れ,世俗を超越した境地を目指して筆を揮(ふる)い,数多くの南画作品を生み出しました。

 広島県立図書館と頼山陽史跡資料館との連携資料展示「南画への誘い」では,江戸時代の文人の多くが参照した中国・清の絵画のテキストや彼らの画譜(がふ)や絵巻,南画作成者たちの番付表などを,複製資料を交えながら紹介するとともに,関連する図書館資料の展示・貸出しを行います。


 1 展示期間 令和3年3月13日(土)~5月22日(土)
 2 開館時間 火~金 午前9時30分~午後7時 土・日 午前9時30分~午後5時 
   ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,開館日及び開館時間が変更になる可能性があります。詳細はホームページ等で御確認ください。
 3 休館日   毎週月曜日,3月20日(土)春分の日,4月29日(木)昭和の日,
          5月3日(月)憲法記念日,5月4日(火)みどりの日,5月5日(水)こどもの日
 4 展示場所 広島県立図書館




    ・ポスター(PDF)
    ・展示資料リスト(PDF)
    ・展示資料一覧(こちらから予約もできます)
    ・頼山陽史跡資料館



[展示の様子]